白髪染め

Acot

Acotのこだわり~髪のダメージのひみつ~

こんにちは! 最近、うつ伏せで移動出来るようになってきましたが、どうしてもバックしてソファーの下に入っていってしまう"だいち"です。 少し目を離した隙に姿が見えなくなると必ずココにいて 最初はご機嫌ですがそのうち出してくれと泣き出します笑  
Acot

松本市美容院Acotのこだわり~トリートメントはどのくらい持つ?~

『美容院でトリートメントしても徐々に元に戻ってしまう』と感じる事が多いのではないかと思いますが 持続性について美容師さんには『1ヶ月位ですかねー』などと言われる事が多いでしょうか。 私は、ヘアケアとお肌のケアは同じものと考えています。 シャンプー→クレンジング、洗顔 トリートメント→化粧水 流さないトリートメント→乳液、美容液 ざっくりこんなイメージです。 洗顔料はやさしい泡立ちで洗った後につっぱらないもの 化粧水、乳液はアミノ酸、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分の入ったもの など、お肌の状態に合わせてケアされていると思います。 できるだけ肌に優しいものであったり、無添加なもの、中には品質保持の為冷蔵庫で保管するといった化粧品もあります。
Acot

松本美容院Acotのこだわり~コースメニューについて4~

こんにちは。 先日、アルプス安曇野公園に行った時のベストショットです。 こういう写真を撮るシーンでは必ず笑ってくれるという、大変空気の読める息子です。 さて、ここ数日でAcotのコースメニューの紹介をしてきました。 【プラチナケア】 【本格ケア】 【ベーシックケア】 3つのコース
美容師論

Acotのこだわり~どうして髪が傷んでしまうの?~

こんにちは!坂本です。 土曜日、日曜日と多数ご来店いただきありがとうございました。 お話を伺っているとやはりパサついたり乾燥したりという事が気になっている方が多い様に思います。 そもそも、なぜ髪は傷んでしまうのでしょうか? ドライヤーのかけすぎ? 逆に自然乾燥が良くない? アイロ
カラーについて

ヘアカラーについて~ホームカラーの恐怖~

ここ最近、とても増えてきたホームカラーでの白髪染め。 ホームカラーについてお客様から質問される事も多いので、関心の高さが伺えますが やはりきちんとした知識をもっている方はほとんどいらっしゃいません。 ホームカラーの実情 基本的にはホームカラーは
白髪染めについて

白髪染めの種類 まとめ

白髪を染める染毛剤にもいくつか種類があります。 ここでは簡単にメリット、デメリットをまとめておきますので選ぶ際の参考にしてみて下さい。 ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘナのそれぞれの特徴
白髪染めについて

白髪染めの種類 ヘナ編

白髪染めの種類で忘れてはならないのがヘナ。染毛剤としては最も歴史があります。 その歴史は古代エジプト以前まで遡るといわれていて、その当時から髪や爪、肌に塗るものとして使われていたそうです。しかし、ヘナの選び方には注意が必要です。
白髪染めについて

白髪染めの種類 ヘアマニキュア編

ヘアカラー以外で白髪を染めたい時に、まず浮かぶのはヘアマニキュア。 ヘアカラーとの違いは、アルカリとジアミン染料を使わずに染める事です。 つまり 明るく(茶色く)できません。 そのかわりアルカリ剤を使わないのでアルカリ剤によるダメージはありません。 染料はヘアカラーのジ
白髪染めについて

ヘアカラー(白髪染め)について 成分編

白髪染めも含め一般的に使われているヘアカラーは、ジアミン染料とアルカリ剤が使われています。 アルカリについて 微アルカリや酸性カラーといった低アルカリやアルカリ未使用のカラー剤も出ていますが、まだまだシェアはアルカリカラーが
白髪染めについて

白髪染めの種類 ヘアカラー編

気になる白髪を染めたい!! 一口に白髪染めと言ってもいくつか種類があります。 一般的に知られているものはヘアカラー、マニキュア、ヘナなどですが、それぞれメリット、デメリットがあります。 ヘアカラー その昔はヘアダイなどと呼ばれていた、白髪染めの代表。 白髪染めだからといって特別なカラー剤ではなく
タイトルとURLをコピーしました