美容室

私生活

週一回通ってます!松本市やまがたファーマーズガーデン

ここ長野県もとても過ごしやすい時期になりました。 最近雨続きだったので、髪もモワッとまとまらず気分も下がり気味↓↓ 今日の様な晴れの日は日差しは少し強いけれど、風はとても気持ち良い。まさに秋晴れといった感じ。 空は真っ青! ここは毎週来ている山形村の「ファーマーズガーデン」 今年の夏頃から通ってます
美容師論

美容師開業物語〜美容師として最低限必要なものとは〜

売れっ子スタイリストの条件 私の下積み時代は少し変わっていて、最初の会社でスタイリストになったものの、次に勤めたところではまたアシスタントとして0からスタートをするというものです。 要するに、私はスタイリストになる方法を2通り実際に経験しました。 一つは短期間でカリキュ
美容師論

美容師開業物語〜本当の意味での下積み時代〜

運命的な出会い 最初に勤めたお店を辞め、美容師自体を辞めようとまで思った私は、全く関係のない派遣の仕事を単発でやりながらフラフラとした生活をしていました。 職場は同世代の大学生やフリーターばかりなので、当然働く意識は最低レベル笑 やはりこれではダメだと思い、数ヶ月前後に
美容師論

美容室開業物語〜私が美容師になった頃〜

よく、美容室は飽和状態と言われます。それもここ最近ではなく、私が美容師になって数年経った頃から言われ続けているので、少なくとも15年はそういった状態が続いていることになります。 私自身、美容師ブームに乗っかって美容師を目指したミーハー派ですので、専門学校に入るまで美容室に行ったこともありません
美容師論

お客様が笑顔になる接客術とは2~美容室での会話~

私が美容師を志した理由の1つに、人付き合いが苦手だった事が挙げられます。 普通は逆です。 本来この仕事を選ぶ人は、人と話すのが好きなタイプが多い傾向にあると思います。 私は人付き合いが苦手ではありましたが、嫌いではなかったので どうにか克服できないだろうかと思い、あえてこの業
美容師論

お客様が笑顔になる接客術とは~新人時代の私~

美容師は接客業です。 お客様と接する距離がとても近い特殊な職業ではないでしょうか。 楽しい時もあればとても緊張する瞬間もあり、これが美容師の醍醐味とも言えます。 新人時代の接客 お話をするのが好きだったり、人と接するのが好きな人はとても
美容師論

美容業界の低価格化は、果たして価格破壊によるものなのか

ここ数年で低価格サロンがとても増えているのは実感できます。 雇用形態も業務委託を採用し、美容師の採用面でも集客面でも数年前から伸びている形態だと思います。 そもそも低価格とは 従来の一般的な美容室の形態からすると安い価格帯が多い為、全体的に価格が安く
タイトルとURLをコピーしました