流さないタイプのトリートメントの効果〜くせ毛編〜


くせ毛についてで説明した様に、くせ毛には流さないタイプのトリートメントが効果的です。

もちろん、流さないタイプなら何でも良いわけではありません。

基本的に、べたつくのはNGです。

べたつく=オイル系です。

オイルと言っても、シリコンから天然油までありますが、効果としてはどれも変わりません。

しかし、残念な事に美容室で販売しているものも含め、9割はオイルの効果です。

 

 

まず、髪が広がる原因を考えましょう。

この原因は様々ですので、実際は目で見て判断したいところですが

 

1ダメージによるもの

2湿気によるボワつき

3両方

 

1の場合は、オイル系のものでも対処できる場合があります。

 

今回のお題は、くせ毛についてなので、主に2と3ですが

「くせ毛について」で説明した様に髪は水分の影響を受けます

髪が空気中の水分を吸って中途半端に水気を帯びた状態で膨らんだりうねりが出たりします。

 

と、いうことは

適度に水分を閉じ込めた状態で安定させておけば余計な水分を取り込みにくくなり、湿気の影響を受けにくい

状態になります。

 

もうお分かりかと思いますが、必要なものは油分ではなく、水分を閉じ込める成分です。

そういった理由で、出回っているほとんどのものはオイル系なのであまりおススメできません。

 

じゃあ何を使ったら良いか

 

おススメの成分は

 

ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

メドゥフォームラクトン

ペリセア(ジ・ラウロイルグルタミン酸リシンna)

セラミド3

など

 

これらの成分が使われていると比較的保湿効果があります。

ヒアルロン酸やセラミドなど、お肌の保湿成分と似た名前が特徴です。

 

こういった流さないタイプのトリートメントをつけた後は、さらに重要なドライヤー、アイロン処理の出番です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました