縮毛矯正について1~くせ毛の原因~


湿気の多い日は、特に気になるくせ毛。

 

そもそも、くせ毛の原因は何でしょうか?

 

 

原因は毛根の歪み

 

 

まず、髪の毛の内部には『結合』と呼ばれる組織があります。

 

細胞と細胞が手をつないでいるイメージでしょうか。

 

 

直毛の場合は、規則正しく並んで手をつないだまま伸びてきます。

 

 

しかし毛根が歪んでいると、髪が造られる段階で結合が不規則になります。

 

 

この、結合が不規則な状態がくせ毛です。

 

 

毛根が歪んでいる為、髪の毛も「うねり」のある状態で伸びてきてしまうんですね。

 

 

 

 くせ毛の種類

 

 

くせ毛と言っても種類が幾つかあり、多くの場合はその幾つかが交じり合っています。

 

一般的に波状毛捻転毛縮毛などに分類されますが

 

 

ここでは大きく2つに分けます

 

 

①濡れている時にも、乾いた時にも同じようにうねりがある。

 

 

②濡れている時は真っ直ぐだけど、乾くとうねったり膨張する。

 

 

 

①の場合は、パーマをかけているのと同じような種類のくせ毛です。

美容師の間では「S-S結合」、「ジスルフィド結合」などと呼ばれます。

 

 

②は、「水素結合」と言って

水分が有るか無いかによって、髪の状態が変わります。

 

 

一般的な分類と少し違いますが、『縮毛矯正ベース』で考えるとこの分類の仕方の方が自然な気がします。

 

 

もちろんこの2つも交じり合っているので、とてもたくさんの「くせ毛パターン」が存在します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました