白髪染めの種類 まとめ


白髪を染める染毛剤にもいくつか種類があります。

ここでは簡単にメリット、デメリットをまとめておきますので選ぶ際の参考にしてみて下さい。

 

ヘアカラー(ヘアダイ)

 

メリット

希望通りの色に染まる

白髪を染めながらの「ブラウンカラー」が得意

色味(アッシュ系など)のコントロールが可能

明るさのコントロールが可能

カラーチェンジが可能

 

デメリット

ジアミンかぶれ(アレルギー)を起こす可能性がある

アルカリによるダメージのリスクがある

刺激が強い

家でも手軽にできてしまうので、上記の様な薬剤の危険性がわかりにくい

 

ヘアマニキュア

 

メリット

髪の表面に染料を付着させるだけなのでダメージがとても少ない

マニキュア特有のコーティング成分によって手触りが向上

 

デメリット

黒髪を明るくできない

肌に付くと何日も色が落ちない

地肌に付けずに染める(地肌付近は染められない)ので、伸びた白髪がすぐに目立ってくる

色落ちが激しい (色の持ちが悪い)

 

ヘナ

 

メリット

純粋な植物性ヘナの安全性は非常に高い

頻繁に染めても、地肌に付てもダメージが無く安全

 

デメリット

色味が限られる(オレンジ系)

ヘアカラーなどに比べると色味が薄い

黒髪を明るくできない

ダークブラウンなど色の濃いものはジアミンが使われている場合がある

 

以上が主な染毛剤の特徴です。

植物性の染料や植物カラーなど、他にも色々な種類があります。

特に肌が弱かったりアレルギーがある場合は、よりリスクの少ない方法をオススメします。

 

「ヘアカラーの脱色作用とマニキュアのタール色素を組み合わせてジアミンを使わずに明るく染める」染毛剤など

これからも色々と新しいものが出てくると思いますが、個人的にはより安全なものが多く出てくる事を願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました