ヘアカラー(白髪染め)について 成分編


白髪染めも含め一般的に使われているヘアカラーは、ジアミン染料アルカリ剤が使われています。

アルカリについて

微アルカリや酸性カラーといった低アルカリやアルカリ未使用のカラー剤も出ていますが、まだまだシェアはアルカリカラーが断然多い。

と、いうよりアルカリカラーとノンアルカリのカラーは全くの別物。科学構造上同じ役割はできません。

 

人間の髪の色はメラニンの働きによるものですが、このメラニンを壊す事で髪が「茶色く」なります。

これをブリーチ作用と呼びますが、1剤の中に含まれる「アルカリ」と2剤の主成分である「過酸化水素水」(別名オキシドール)の化学反応によってメラニン色素が壊れます。

そして、1剤の中には「染料(ジアミン染料)」が入っていて、同時に化学反応して色が入ります。

カラー剤が1剤と2剤に別れているのは混ぜた時に起こる化学反応を利用するからです。

 

つまり、アルカリ剤の入ってないカラー剤は髪を明るくできません。

 

しかし、カラーによるダメージはこの「アルカリ」によるもの。

髪にとってアルカリ剤はダメージの元になる成分なのです。

 

現時点ではダメージとカラーリングについて、美容師もメーカーも真剣に取り組むべき課題といえます。

 

ジアミンについて

さらにもう一つ厄介な成分。ジアミン。

パラフェにレンジアミンなど、アレルギー反応を起こす成分として報告されている染料です。

なぜ厄介かと言えば、アルカリ剤と同様この成分が無いとヘアカラーの色は出ません

アッシュ系もマット系も、キレイなブラウンの白髪染めも、ヘアカラーによる黒染めも、全てジアミンの仕事です。

ヘアカラーの色はジアミン染料によるものです。

 

カラーをした後にひどいかぶれの症状が出た場合はすぐに医師の診察を受けた方が良いと思います。

 

ジアミン染料を使わずに染める方法は、ヘアマニキュアやヘナ、植物系の染料などです。

それなりのデメリットもありますが、ジアミンかぶれの可能性のある場合や危険性を危惧する場合は間違いなくジアミン未使用で染める事をおススメします。

これについてはまた別記事で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました